粉瘤

当院の粉瘤治療の特徴

当日手術が可能です

粉瘤治療さくらメディカルクリニックでは粉瘤、炎症性粉瘤の患者様は、お電話またはWEB予約の上ご来院していただきましたら、その当日に日帰り手術が可能です。炎症性の粉瘤も当日手術を行っています。粉瘤手術はすべて保険適応となります。ご予約なく直接ご来院いただいても診察可能でが、外来や検査の混雑状況により当日手術ができない場合がございますのでご了承下さい。

外科専門医による小手術

院長は日本外科学会専門医の資格を取得しており、全例の粉瘤処置を院長が行っています。

短時間で傷が目立たないように配慮した手術

くり抜き法による手術では、従来の摘出術に比べて短時間、低侵襲で傷あとが目立たなくすることができるため、さくらメディカルクリニックでは原則くり抜き法での手術を行っています。

痛みを抑えた手術

手術前に局所麻酔を使用して手術を行います。局所麻酔を注射する際には極細の針を使用しなるべく注入時の痛みを軽減できる薬剤を選んで投与しています。 
また痛みに敏感な方には、局所麻酔を注射する前に、貼る麻酔薬や塗る麻酔薬も使用して痛みを軽減するように対応しています。

粉瘤とは

粉瘤粉瘤は皮膚の下に袋状のものができて、そこに皮脂や汗、垢などの老廃物がたまってできた良性腫瘍です。表皮嚢胞やアテロームとも呼ばれます。なぜできるのか原因はわかっていません。
通常は垢となって剥がれ落ちる皮脂や角質などの皮膚の老廃物が袋の中にたまっていくので放置しておくとどんどん大きくなっていきます。はじめは小さなしこりを触れるだけで痛みなどの症状はありません。体のどの部位にもできます。年齢や性別は関係なく、どんな方にもできるものです。体質的に粉瘤ができやすい方がいらっしゃいます。体の複数の部位に粉瘤ができたり、手術で摘出術を受けてもまた別の部位にできたりする方もいらっしゃいます。
徐々に大きくなってもしこり以外の症状がないことも多いですが細菌感染を起こして化膿し痛みが生じたり、つぶれて膿が出てきたり、発赤や腫れが強くみられることがあります。この炎症を起こしている状態を「炎症性粉瘤」「感染性粉瘤」といいます。この炎症性粉瘤であっても基本的にはくり抜き法での治療が可能です。

粉瘤の治療法

粉瘤を治すには手術して腫瘍を袋ごと摘出するしか完治のための治療法はありません。袋をきれいに摘出しなければ再発することとが多いためです。

くり抜き法手術の流れ

  1. 粉瘤をマーキングし、周囲に局所麻酔薬を注入します
  2. トレパン(穴をあける医療器具)で皮膚に小さな穴をあけます
  3. 腫瘍を圧迫し内部にたまった老廃物を押し出します
  4. 腫瘍の袋を周囲から剥離して粉瘤の袋を取り出します
  5. 内部に取り残しがないか確認します
  6. 縫合が必要な場合は縫合します
  7. ガーゼを貼って終了となります

切開法

くりぬき法

手術日とその後の流れ

1手術当日 担当医が診察して粉瘤であるかどうかを診断し手術の説明をします

2痛み止めの局所麻酔を行い手術を行います

3術後はガーゼを貼ってお帰り頂きます

化膿予防の抗生剤と痛み止めを処方いたします。
手術当日は入浴をお控え下さい。

4手術翌日 ご来院いただきます

手術創のチェックをし問題なければ、軟膏を処方し自宅で処置していただきます。毎日の通院は不要です。手術翌日からシャワー浴が可能です。

57日~14日後 再度ご来院いただき創部の確認をします

縫合した場合は抜糸します。

手術で摘出した腫瘍はほとんどが良性腫瘍ですが、非常にまれに悪性腫瘍であることが
ありますので病理検査に提出します。結果がわかるまでに7日~10日ほどかかります
※手術当日は入浴、飲酒、過度な運動、温泉やプール、海水浴などはお控えください

手術料金

非露出部 3割負担 1割負担
3㎝未満 4000円程度 1400円程度
3㎝~6㎝未満 10000円程度 3400円程度
6㎝以上 13000円程度 4300円程度
露出部 3割負担 1割負担
3㎝未満 5500円円程度 1660円程度
3㎝~6㎝未満 11000円程度 3800円程度
6㎝以上 14000円程度 4500円程度

※手術費用とは別に診察料、処方箋料、病理検査費用がかかります
※病理検査費用は3割負担で3000円程度、1割負担で1000円程度かかります

一番上に戻る
052-684-4805052-684-4805 WEB予約WEB予約