カンジダ

性器カンジダ症

カビ(真菌)の一種であるカンジダ菌が感染して炎症をおこす疾患です。女性にはよくみられる感染症です。女性に比べると男性が感染することは少ないと言われています。性行為で感染します。男性は尿道と性器周囲の皮膚、女性は膣内と性器周囲の皮膚に感染します。カンジダはもともと人の体に住んでいる菌(常在菌)ですが、この菌が性器に住み着き、さらに通常よりも増殖したときに様々な異常を引き起こします。

  • 体の免疫力が低下したとき
  • 寝不足で体力が落ちた時
  • 風邪や疲労、ストレスなど
  • 抗生物質を飲んで他の細菌の数が減ったとき
  • HIVなど他の性病に感染している場合
  • 陰部が湿っていたり、きつい下着を履いている

潜伏期間

1日~7日程度~数年

カンジダ菌に感染してすぐに症状が出る場合もありますが、数年経ってから症状が出ることもありますので、感染した時期や相手を特定するのは難しいでしょう。

症状

男性

  • 亀頭のかさつき、赤み、湿疹、かゆみ、痛み
  • 排尿時痛

女性

  • 陰部の強いかゆみ
  • おりものが増加し、粘度が高く白いものとなる(ヨーグルト状、カッテージチーズ状、酒かす状などと言われます)
  • 性交時痛、排尿時痛
  • 下腹部痛(子宮頸管炎をおこすため)
  • 陰部の赤み、腫れ

検査

男性

  • 尿検査
  • 性器ぬぐい液
  • 皮膚擦過検査

女性

  • 膣ぬぐい液
  • 皮膚擦過検査

検査結果がでるまで数日~7日間かかります。感染機会から24時間が経過していれば検査を受けることができます

治療

男性

  • 抗真菌薬の軟膏
  • 尿道炎があれば内服

女性

  • 抗真菌薬の膣錠、内服、軟膏

症状が強い方には検査結果を待たずにお薬を処方することもできます。
治癒したかの確認のための検査は4週間後以降に行います。

予防

  • 陰部を清潔に保ち、乾燥した状態を保つことが大切です
  • 通気性がよい下着を履きましょう
  • 性行為時にはコンドームを使用しましょう

*ただし陰部を洗いすぎると必要な常在菌も洗い流してしまうことがあるので洗いすぎにも注意しましょう

一番上に戻る
052-684-4805052-684-4805 WEB予約WEB予約