痔ろう

痔ろう(あな痔)

痔ろうは一般的には『あな痔』と呼ばれています。
肛門と直腸の境目となる部位を歯状線といいます。歯状線のくぼみ(肛門陰窩)から細菌が入り込んで肛門腺が化膿し炎症が周囲に広がって膿がたまります。これを肛門周囲膿瘍といいます。
肛門周囲膿瘍が自然に潰れて(自壊)膿がでてきたり患部を切開して膿を出すとそのまま治る場合もありますが、細菌が侵入した部位(原発口)と膿の出口(二次口)がつながり管(瘻管)が残った状態になる場合もあります。これを『痔ろう』といいます。
とくに体力が弱っているとき、体調が悪いときに化膿しやすくなります。ストレスやアルコールの摂取などによる下痢や軟便が原因のひとつであると考えられています。肛門陰窩に下痢便が入って細菌感染をおこします。肛門陰窩は小さなくぼみなので通常は便が入り込むことはないのですが、下痢をしていると便が入りやすくなします。
また裂肛(切れ痔)から細菌が侵入して痔ろうになることもあります(裂肛痔瘻)。

男性に多くみられ、30~40歳代に好発します。女性では30歳代に多く発生します。男女とも高齢者には少ないのが特徴です。

なぜ青年期から中年期の男性に多くみられるのか?

30~40歳代の男性は筋肉が発達していていきむ力が強いので勢いよく排便されるため、また肛門陰窩が深い傾向にあるため、便が肛門陰窩に入り込む可能性が高いからだと考えられます。

肛門周囲膿瘍の症状

  • 肛門周囲の激しい痛み、腫れ(座るのも辛くなります)
  • 患部の熱感(38~39℃の発熱がみられることもあります)
  • 膿瘍部が自壊すると膿が出て下着が汚れます

人間の肛門にはもともと肛門陰窩というポケットが8~12個存在します。肛門陰窩は小さなくぼみなので通常は便が入り込むことはないですし、排便時に下痢便が肛門陰窩に入ってしまっても、肛門には細菌に対する強い免疫力があるので通常は炎症を起こすことはありません。

しかし下痢をしていると便が入りやすくなりますし、中には深い肛門陰窩をもっている人がおりこのような人は細菌が入って感染しやすくなっています。また便秘で排便時にいきんだりすると便が肛門陰窩から肛門腺に入り込むことがあります。

一番上に戻る
052-684-4805052-684-4805 WEB予約WEB予約