女性内視鏡専門医”による鎮痛剤を使用した苦痛の少ない胃内視鏡検査

胃カメラ検査LP

ご質問やご相談はこちら

052-684-4805

ご予約はこちらから

24時間WEB予約

このような症状はありませんか?

  • のどや胸につっかえ感がある
  • 胃の不快感がある
  • 吐き気、嘔吐がある
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 胃がんの治療後である
  • 胸焼けする
  • 上腹部が痛い
  • 体重減少している
  • 検診で異常を指摘された
  • 40歳以上の方

このような方は胃カメラを受けることをお勧めします。
原因となる病変がないか、早期発見につながります。

胃カメラ検査でわかる疾患

胃カメラ検査でわかる疾患胃カメラ検査でわかる疾患
  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 胃潰瘍
  • 胃ポリープ
  • 慢性胃炎
  • 胃アニサキス症
  • 胃静脈瘤
  • 十二指腸がん
  • 食道裂孔ヘルニア
  • 食道静脈瘤
  • 胃がん
  • 急性胃炎
  • ピロリ感染性胃炎
  • 胃悪性リンパ腫
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸ポリープ

など

40歳をこえたら検査を!40歳をこえたら検査を!

40をこえたら検査を!

胃がんは40歳をこえると発生のリスクが高くなります。症状がない場合も40歳をこえたら胃カメラ検査(胃内視鏡検査)を受けましょう。
ご家族に胃がんや食道がんになった方がいる、胃潰瘍やピロリ菌に感染している方などは定期的な胃カメラ検査が必要です。

ご質問やご相談はこちら

052-684-4805

ご予約はこちらから

24時間WEB予約

当院の胃カメラ検査の特徴

経験豊富な女性の専門医による検査

経験豊富な
女性の専門医が在籍

さくらメディカルクリニックでは多くの内視鏡検査経験があります。
日本消化器内視鏡学会専門医の資格をもつ女性の内視鏡検査専門医が検査を施行します。
※男性医師の内視鏡専門医による検査の日もあります。

鎮静剤で苦痛を軽減した胃カメラ検査

鎮静剤で苦痛を軽減した
胃カメラ検査

鎮静剤は投与するとすぐに効果が現れ、ウトウトとしていたら検査が終わるため苦痛を軽減することができます。また、内視鏡が喉もとを通るときにおこる「オエッ」という反射や胃を観察するために胃に空気を入れる際の苦痛を感じることなく受けていただけます。検査中はベッドサイドモニターで心電図、血圧、呼吸状態(SpO2)など患者さまの状態を計測しながら安全に行っています。当院では患者さまの年齢、性別、体重、全身状態などを考慮し、適量の薬剤を投与しています。
鎮静剤を使用した内視鏡検査の後は、ベッドで寝た状態のままリカバリールームへ移動してしばらくお休みいただきます。

苦しくない経鼻内視鏡を導入

苦しくない
経鼻内視鏡を導入

さくらメディカルクリニックでは通常の経口内視鏡より極細のスコープを用いて咽頭反射のおきにくい経鼻内視鏡検査を導入しています。
経鼻内視鏡検査では鼻から挿入するため内視鏡が舌の付け根に当たらず「オエッ」という咽頭反射が起きにくくなります。また、検査中に会話することができます。
検査前の確認で鼻中隔湾曲症やアレルギー性鼻炎による鼻腔の腫れがみられる場合、痛みが強い場合には口からの挿入に変更します。経口内視鏡でも極細のスコープを用いてますので、なるべく苦痛が軽減できるよう心がけています。

土・日曜日にも検査を受けられる

土・日曜日にも
検査を受けられる

平日はお仕事などで忙しく検査や手術の日程を調整できないという方でもご利用いただけるように、さくらメディカルクリニックでは土日の検査や手術も対応しております。
日曜日は完全予約制となりますので、事前にご予約ください。

ご予約はこちら

最新の設備を導入

最新の設備を導入

当院では最新式のオリンパス社の内視鏡システムを導入しております。
内視鏡検査で観察するために胃に入れる気体は全例CO2ガスを使用しています。空気と比べて吸収されるのが非常に速く、検査中~検査後のお腹の張りを抑えられます。
内視鏡検査の所見でピロリ菌感染が疑われる場合には、検査中の生検検査や検査後の尿素呼気検査を行いピロリ菌感染の有無を診断します。
NBIという特殊な光を使って詳細に粘膜を観察できる機能が搭載されています。従来の光では観察できなかったり判別が困難であった粘膜の変化を発見することができるため、がんの早期発見に役立ちます。

検査毎に徹底した洗浄で衛生管理・感染予防

検査毎に徹底した洗浄で
衛生管理・感染予防

患者さまに安心して検査、治療を受けていただけるよう、さくらメディカルクリニックでは衛生管理を徹底して行っております。
また、先進の内視鏡洗浄機を使用して検査器具やディズポーザブル器具も使用しながら検査を行い、必要に応じて徹底して滅菌処置を行っております。
外科で使用する機器についても高温高圧滅菌機で洗浄しております。

栄駅から徒歩3分(2022年10月1日~)

栄駅から徒歩1分

当院は地下鉄東山線「栄駅」2番出口から徒歩1分の栄パークサイドプレイス9階にあります。
最寄り駅である「栄駅」は「名古屋駅」からも2駅でアクセスが良く通院しやすい環境です。
名古屋市で胃の内視鏡検査でお探しの方は当院にご相談ください。
※2022年10月1日リニューアルオープンに伴い、移転します。9月30日(金)までは休診です。

アクセスはこちら

当院の胃カメラ検査の流れ

検査前日検査前日

Step.01検査前日

検査前日、夜の食事は消化に良いものを21時までにお済ませ下さい。
就寝前までは水やお茶、スポーツドリンクなどの水分はお飲みいただけます。
服用中のお薬は、事前にご相談いただき医師の指示に従ってください。

検査当日検査当日

Step.02検査当日

検査当日の朝食は抜いてご来院ください。
水分は午前7時まではお飲みいただけます。
お水やお茶など透明で味の薄いものをお飲み下さい。

来院来院

Step.03ご来院

検査時間の5分前にお越し下さい。
受付をして検査の同意書をご記入の上、提出していただきます。お着換えの準備は必要ありません。

検査検査

Step.04検査

胃の粘膜をしっかり観察するために、胃の中にある泡や粘液を消すために、消泡剤(液体)を飲んでいただきます。
その後、喉や鼻の麻酔をして検査を行います。

検査後検査後

Step.05検査後

検査が終了したら少し休憩していただいた後、検査結果を医師がご説明します。鎮静剤を使用した胃カメラ検査を受けた場合は、くすりの効果が切れるまで、1時間ほどお休みいただきます。
必要に応じて薬の処方を行うこともあります。

お支払いお支払い

Step.06お支払い

受付でお会計後にご帰宅となります。
経鼻検査、経口検査ともに検査が終了後、1時間経過してから飲食が可能になります。

Finish!

検査後の注意点

食事について 検査後当日は、消化のよいものを食べて下さい。
検査結果について 粘膜の組織を採取した場合は、病理検査を行うため7日~10日ほどして結果が出ます。ピロリ菌検査を行った場合は、再診が必要となりますので次回の検査日程をご相談ください。
移動手段について 鎮静剤を使用する内視鏡検査を希望される場合は、検査後にお車、バイク、自転車の運転はできません。ご来院の際は、公共交通機関での移動または、ご家族の送迎をお願いしております。

胃カメラ検査の費用

1割負担 2割負担 3割負担
胃カメラ(胃内視鏡検査) 約1,300円 約2,600円 約4,000円
胃カメラ+組織検査 約2,300円 約4,600円 約7,000円

検査の料金です。初診料、再診料は別途必要です。

よくある質問

Q1どのくらいの症状で、胃内視鏡検査を受ける必要がありますか?
早期発見のため、自覚症状がなくても定期的に胃内視鏡検査を受けることが大切です。

初期の胃がんは自覚症状がない場合がほとんどです。胃内視鏡検査(胃カメラ検査)は、胃粘膜を直接観察して自覚症状がない初期の胃がんを発見することができる唯一の検査です。早期発見し治療を行うため自覚症状がない場合でも、定期的に胃内視鏡検査を受けることが大切です。また、胃内視鏡検査中に、病原の組織を採取して疾患の確定診断を行うこともできます。
下記のような症状がある場合は早期に当院までご相談いただき、胃カメラ検査を受けてください。

  • のどや胸につっかえ感がある
  • 胃の不快感がある
  • 吐き気、嘔吐がある
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 胃がんの治療後である
  • 胸焼けする
  • 上腹部が痛い
  • 体重減少している
  • 検診で異常を指摘された
  • 40歳以上の方
Q2胃カメラ検査は鼻と口からだとどちらがおすすめですか?
どちらも鎮痛剤を使用し、苦痛の少ない検査です。どちらの方法にするかは医師と患者さまで話し合って決定します。

経口内視鏡・経鼻内視鏡口から挿入する経口内視鏡検査は一般的な方法です。近年では極細のスコープが開発されて鼻から挿入する経鼻内視鏡検査が可能になりました。 当院ではどちらの方法でも鎮痛剤を使用し、苦痛を感じにくい検査となっているのでご安心ください。医師と患者さまで相談の上、方法を決定していきます。
●経口内視鏡検査の場合:
下の根本や喉を通る際に「オエッ」という反射が起こりやすく苦痛を感じやすいです。
●経鼻内視鏡検査の場合:
下の根本に直接当たらないため苦痛を感じにくいことと局所麻酔が少なく済むことが特徴です。ただし、鼻炎で鼻腔が狭くなっている場合や鼻腔の手術歴がある場合など経鼻内視鏡検査が実施できない場合もあります。

Q3経鼻内視鏡の検査は本当に苦痛を感じないのですか?
個人差があり、過敏な方は経鼻内視鏡でも鎮静剤を使用しないと苦痛を感じる可能性があります。

経鼻内視鏡検査は、下の根本にスコープが当たらないため「オエッ」という嘔吐反応を軽減することができます。
歯磨きで奥を磨いたときに吐き気を感じてしまうほど過敏状態の方は苦痛を感じる可能性があるため鎮静剤を使用して緊張をといてから検査を行います。経鼻内視鏡検査前に鼻に局所麻酔を使用します。麻酔をしても鼻にツンとする感覚がありますが、お車で来院されて鎮静剤を使用できない方や鎮静剤を希望しない方は経鼻内視鏡検査を推奨しています。

Q4慢性鼻炎でも経鼻内視鏡の検査は受けられすか?
症状が強くない場合は受けられます。まずは当院にご相談ください。

鼻の腫れの状態次第で経鼻内視鏡の検査が受けられない可能があります。経鼻内視鏡検査をご希望される方はまずは医師にご相談ください。花粉症の時期を避けるなど、症状が強くない場合は検査が可能です。

Q5服用中の薬は検査の前後に飲んでも大丈夫ですか?
まずは、予約時にご相談ください。病状、薬の種類によって服用方法が異なります。

血圧や不整脈、抗凝固剤(血液をサラサラにする薬)などのお薬を服用している方は検査の予約時に必ずご相談ください。
患者さまの病状、薬の種類によって服用方法が異なります。服用方法は個別で検査前日や検査後の服用についてご説明いたします。

Q6検査前日は食事に制限はありますか?
消化の良いものを検査前夜の21時までにお済ませください。

消化に良いものを検査前日の夜9時までにお済ませください。その後検査が終わるまでは食事は抜きます。

Q7検査後は食事に制限はありますか?
検査終了して約1時間後からお食事が可能です。当日は消化の良いものを食べましょう。

検査後、1時間経って局所麻酔や鎮静剤の効果が残っていない場合はお食事できます。当日はなるべく消化の良いものを食べてください。効果が残っている場合は誤嚥するリスクがありますので、お食事される前に必ず少量のお水を飲んでむせないかなど問題ないか確かめてください。口からこぼれたり、むせてしまう場合には麻酔の効果がなくなるまで待ってからお食事をしてください。

Q8検査後はすぐに帰ることができますか?
検査前後合わせて通常は1時間半ほどかかります。

検査時間は3~5分ほどですが、検査の前後を含むと約1時間半かかります。鎮静剤を使用した場合、検査後に1時間お休みいただいていから検査結果の説明となります。

Q9帰宅時に車(バイク、自転車)を運転できますか。
鎮静剤を使用する検査の場合は公共交通機関でお越しください。

鎮静剤を使用した内視鏡検査をご希望される場合は、お車やバイク、自転車は運転できません。公共交通機関またはご家族の送迎でご来院してください。

Q10検査するために予約は必要ですか?
WEB予約からご予約ください。24時間受付しております。

当院ではご予約いただいてからご来院いただいています。検査日の診察によっては当日の内視鏡検査ができない場合があります。

Q11検査の費用はどのくらい負担となりますか?
負担の割合で異なりますが検査単体料金は約4,000円~7,000円です。

こちらを参照ください。

ご質問やご相談はこちら

052-684-4805

ご予約はこちらから

24時間WEB予約

院長ご挨拶

苦しくない胃カメラ検査で早期発見を苦しくない胃カメラ検査で早期発見を

苦しくない胃カメラ検査で
早期発見を

安心して受診していただくため、患者さまの気持ちに寄り添い、プライバシーに配慮した診察をこころがけています。
これまで消化器外科医として胃癌や大腸癌の手術や治療、内視鏡検査に多く携わってきました。勤務医時代には早期がん発見で治療し患者さまに貢献できた一方、「自覚症状はあったが病気だとわかるのが怖かった」「男性医師にお尻を見られることに抵抗があった」などの理由で発見が遅れて病状が進行してから治療に来られる方もいらっしゃいました。早期に発見していれば治すことができたのにと残念に思うこともありました。大切なことはひどくなる前に受診いただくことです。
私は幼少期から大人になるまで便秘で悩んできましたが、30歳頃からは症状がなくなりました。また、妊娠・出産の時期には血栓性外痔核になり手術を受けましたが担当医が男性だったので女性医師だったら恥ずかしくなかったのにと思った経験があります。
自身が病気を克服した経験や体験から同じように便秘や痔で悩んでいる人のお役に立てればと思い取り組んでいます。
まずは、お気軽に当院へご相談ください。

院長略歴

  • 秋田大学医学部 卒業
  • 名古屋掖済会病院で研修
  • 名古屋掖済会病院 形成外科
  • 遠山病院 外科
  • 海津医師会病院 外科
  • 塩川病院 非常勤勤務

院長資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 消化器内視鏡学会専門医
  • 大腸肛門病学会専門医

医院紹介

  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
TOPへ戻る
  • TEL:052-684-4805
  • WEB予約
  • WEB問診
  • TOPへ戻る