女性の内視鏡専門医 鎮痛剤を用いて楽に受けられる大腸内視鏡検査

大腸カメラ検査LP

ご質問やご相談はこちら

052-684-4805

ご予約はこちらから

24時間WEB予約

このような症状の方はクリニックへ

  • 便に血や粘液が混じることがある
  • 便秘になりやすい
  • 便が細くなってきた
  • 最近体重が減少してきている
  • 検診の便潜血検査で陽性と診断された
  • 腹痛になりやすい
  • 便秘になりやすかったが下痢になってきた
  • 下痢と便秘を繰り返している
  • 排便後に残便感がある
  • お腹が張ることが多い
  • 大腸ポリープ、大腸がんの治療をしたことがある

など

当てはまる方は…
“大腸内視鏡”精密検査受けましょう

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)とは、肛門から内視鏡スコープを挿入して直接大腸粘膜を観察する検査です。
直接観察することで症状だけではわからない病原の早期発見・早期治療につながります。

大腸カメラ検査でわかる疾患

大腸カメラ検査でわかる疾患大腸カメラ検査でわかる疾患
  • 大腸ポリープ
  • 大腸憩室症
  • 大腸メラノーシス
  • クローン病
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • 直腸カルチノイド

など

大腸カメラ検査を受ける意義

大腸内視鏡検査で
病気の確定診断ができます

大腸内視鏡検査では直接大腸の粘膜を観察することで大腸粘膜の潰瘍や炎症の有無を確認することができます。
また、症状だけでは診断しにくい炎症性腸疾患や初期では発見しにくい大腸ポリープ、大腸がんの確定診断をするために大腸内視鏡検査は必要となります。

発見された大腸ポリープは
検査中に切除が可能です

大腸ポリープは放置すると大腸がんへ移行するリスクが高まります。内視鏡検査で発見された大腸ポリープはその場で切除する事もできるため、大腸がんの予防・早期治療につながります。
40歳をこえた方は定期的な大腸カメラ検査を行うことをお勧めしております。

ご質問やご相談はこちら

052-684-4805

ご予約はこちらから

24時間WEB予約

大腸カメラ検査の特徴

経験豊富な女性内視鏡専門医による検査

経験豊富な
女性の内視鏡専門医が在籍

さくらメディカルクリニックでは多くの内視鏡検査経験があり、日本消化器内視鏡学会専門医、日本大腸肛門病学会専門医の資格をもつ女性医師が検査を実施します。 大腸内視鏡検査では肛門からスコープを挿入する検査のため、男性医師の検査を受けることは不安に思われる女性も安心して検査を受診できます。もちろん男性の方も検査を受けていただけます。
※男性医師による検査の場合もございます。

鎮痛剤、鎮静剤を使用した苦しくない大腸カメラ

鎮痛剤、鎮静剤を使用した
苦しくない大腸カメラ

検査は患者さまの状態を考慮して適量の鎮痛剤、鎮静剤を選択して投与することで、苦痛をやわらげることができます。
また、検査そのものや苦痛がないか不安がある方でも、鎮痛剤や鎮静剤の効果でウトウト眠ったような状態で検査をうけることができます。検査中は、安全に行うために心電図、血圧、呼吸状態(SpO2)などを測定して患者さまの状態を観察しています。検査の後は、薬の効果が切れるまでしばらくベッドでお休みいただきます。内視鏡検査で鎮静剤の使用を希望される方は、検査後にお車、バイク、自転車の運転はできません。ご家族の送迎または公共交通機関でご来院をお願いしております。

最新式のオリンパス社内視鏡を導入

最新式
オリンパス社内視鏡を導入

最新式のオリンパス社内視鏡システムを導入しております。
腸内は複雑に曲がっているためカメラの湾曲部が腸壁を押してしまうと鈍い痛みを感じますが、「受動湾曲」機能を採用しており、スコープが腸壁にあたると自然に曲がるため患者さまの苦痛をやわらげてスムーズな検査を行うことができます。小さなポリープや大腸がんは大腸にたくさんあるひだに隠れていることがあります。検査中は大腸にCO2ガス(炭酸ガス)を送気して隠れた部位もしっかり観察していきます。通常は空気を送気して検査した後もしばらくお腹が張りますが、CO2ガスは空気よりも早く大腸壁から吸収されるため、検査中および検査後にお腹の張りがすぐになくなります。呼気で二酸化炭素として排出されるためまったく体に害もありません。

大腸ポリープ、早期大腸がんはその場で切除

大腸ポリープ、早期大腸がんは
その場で切除

大腸カメラ検査中ににポリープがみつかった場合はその場でポリープ切除ができます。患者さまの通院の負担を減らすために検査中に対応可能なポリープについてはその場で切除しております。
次の場合は、連携病院へ紹介させていただくことがあります。

  • 大きなポリープがみられた方
  • 多数のポリープがみられた方
  • 抗血小板薬や抗凝固薬を内服している方

など

より詳細に観察できるNBIシステムを導入

より詳細に観察できる
NBIシステムを導入

搭載しているNBIはオリンパス社の技術です。
NBIとは狭帯域光観察という特殊な光を当てて粘膜を観察します。
臓器の奥まで明るく照らし、粘膜の表面にできている病原や毛細血管まで鮮明に映し出すことができため、通常の光では難しかった細部まで観察ができます。

検査毎に徹底した洗浄を行い衛生管理・感染予防

検査毎に徹底した洗浄を行い
衛生管理・感染予防

さくらメディカルクリニックでは患者さまに安心して検査・治療を受けていただくために衛生管理を徹底して行っております。オゾン水内視鏡洗浄機OED‐1000Plusを導入しており、消毒処理ごとに新鮮なオゾン水を用いて清潔で安定した高い効果のある消毒が可能です。消化器内視鏡学会の洗浄ガイドラインに沿って洗浄を行っております。

土曜日・日曜日にも検査を対応

土曜日・日曜日にも
検査を対応

さくらメディカルクリニックでは、平日はお仕事などで忙しく検査や手術の日程を調整できないという方でもご利用いただけるように、土日の検査や手術も対応しております。
日曜日は完全予約制となりますので、事前にご予約が必要となりますのでご注意ください。

栄駅から徒歩3分2022年10月1日から移転

栄駅から徒歩1分
のアクセス

当院は名古屋駅から2駅の「栄駅」が最寄りです。
2番出口から徒歩1分で通院しやすいアクセスが良い場所です。
名古屋市で大腸カメラ検査でお探しの方は当院へお越しください。
※2022年10月にリニューアルオープンに伴い、9月30日(金)まで休診です。

アクセスはこちら

大腸カメラ検査までの流れ

検査前日検査前日

検査前日

検査前日は基本的には検査食を食べていただきます。(アレルギーがある方や検査食をご希望でない方は、別途ご説明させていただきます)
就寝前までの間は水やお茶、スポーツドリンクなどはお飲みいただけます。
就寝前に下剤を服用していただきます。

検査当日検査当日

検査当日

朝食は抜いてください。水分はお水やお茶など透明なものをお飲みください。
当日朝に自宅で1~2リットルの下剤をゆっくりと2時間ほどかけて飲んでいただきます。ご希望の方は院内での内服も可能です。服用後、30分~1時間ほどで便が出はじめます。お手洗いに数回行くと大腸の便がおおむね排出され大腸がきれいになります。

ご来院ご来院

ご来院

検査時間の5分ほど前にお越し下さい。
受付をして検査の同意書をご記入の上提出していただきます。

検査検査

検査

お着換えをしていただいた後、ベッドに横になり検査が始まります。検査時間は20~30分程で終了となります。(患者さまの大腸の長さや状態により検査時間は異なります。)

検査後の説明検査後の説明

検査後の説明

検査が終了したら少し休憩していただきいた後に、医師より検査結果をご説明します。病変の組織を採取した場合は、病理検査を行い7日~10日ほどして結果が出るため再来院していただきご説明させていただきます。

お支払い、ご帰宅お支払い、ご帰宅

お支払い、ご帰宅

受付けでお会計をしてご帰宅いただけます。
検査が終わったあとは飲食が可能になります。

検査後の注意点

検査後の食事、 薬の内服について

検査から1時間ほどで飲食が可能となります。しかし生検検査をしたり、ポリープ切除を行った場合には飲食開始まで時間を空ける必要がございますので検査後にご説明させていただきます。検査後は低血糖になりやすいため、甘いものやおにぎりなど糖質を取ることをお勧めいたします。お薬の服用については医師の指示通り内服をしてください。

来院の際
交通手段について

鎮静剤を使用した場合は、検査後にお車、バイク、自転車の運転はできません。
公共交通機関でご来院していただくか、ご家族の送迎をお願いしております。

検査の結果
について

粘膜の組織を採取した場合は、病理検査を行うため結果が出るまでに7日~10日ほどかかります。再度、ご来院いただき医師よりご説明いたします。

大腸カメラ検査の費用

1割負担 2割負担 3割負担
大腸カメラ(大腸内視鏡検査) 約1,700円 約3,400円 約5,000円
大腸カメラ+組織検査 約2,700円 約5,500円 約8,200円
大腸ポリープ切除 約6,000円 約12,000円 約18,000円

検査の料金です。初診料、再診料は別途必要です。

よくある質問

Q1どのくらいの症状で、大腸内視鏡検査を受ける必要がありますか?
自覚症状がなくても定期的に大腸カメラ検査を受けることが大切です。

大腸視鏡検査(大腸カメラ検査)は、大腸の粘膜を直接観察して大腸がんの早期発見・早期治療や大腸ポリープの発見・切除をすることができる唯一の検査です。早期発見し治療を行うために自覚症状がない場合でも、定期的に大腸内視鏡検査を受けることが大切です。
また、大腸内視鏡検査中に病変の組織を採取して疾患の確定診断を行うこともできます。

下記のような症状がある場合は早期に当院までご相談いただき、大腸カメラ検査を受けてください。

  • 便に血や粘液が混じることがある
  • 便秘になりやすい
  • 便が細くなってきた
  • 最近体重が減少してきている
  • 検診の便潜血検査で陽性と診断された
  • 腹痛になりやすい
  • 便秘になりやすかったが下痢になってきた
  • 下痢と便秘を繰り返している
  • 排便後に残便感がある
  • お腹が張ることが多い
  • 大腸ポリープ、大腸がんの治療をしたことがある

など

Q2便潜血検査で陽性がでた場合、大腸内視鏡検査が必要ですか?
大腸がんや病原の確定診断をするためには、大腸カメラ検査が必要です。

便潜血検査では大腸がんの確定診断はできません。陽性が出た場合、何らかの病原があり大腸がんの可能性があるという状態です。陰性でも大腸がんがないとは限りません。40歳を超えていると発症リスクが高くなりますので、自覚症状がなくても大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。

Q3大腸内視鏡検査は痛くて苦しいと聞き、不安です。
当院では鎮痛剤を使用して苦痛の少ないウトウトした状態での検査が可能です。

鎮痛剤を使用することで、ウトウト眠っているような状態で検査を終えることができます。検査中は患者さまの心電図、血圧、呼吸状態を計測しながら安全に行います。検査後、鎮静剤の効果が切れるまでベッドでお休みいただいています。女性で「眠っている間に何されているか不安」という方でも当院は女性医師が在籍しているため安心して検査を受けることができます。(男性医師による検査日もございます。)もちろん男性の方も検査が可能です。 また、腸内を見やすくするためのガスは吸収の早い炭酸ガスを使用しており、お腹の張りがすぐになくなります。(炭酸ガスが体内に吸収されても呼気で体外へ排出されるため害はありません。)

Q4自宅で下剤を飲むことが不安です。
ご希望の方は当院で下剤の服用が可能です。

クリニックから離れているところに住んでいる方や、ご自宅で下剤を飲むことが不安な方は院内で下剤を飲むことが可能です。予約の際にスタッフまでご相談ください。

Q5大腸内視鏡検査はどのくらい検査時間がかかりますか?
検査のみは15~20分ですが、鎮静剤を使用する場合は検査前後2時間弱が目安です。

検査のみですと15~20分ですが、その場でポリープを切除した場合1箇所につき5~10分追加されます。検査後は鎮静剤の効果が切れるまで約1時間ベッドでお休みいただきます。検査前後合わせて2時間弱が目安です。

Q6検査中にポリープが発見された場合、その場で切除はできますか?
ポリープが発見された場合は検査当日に日帰りで手術が可能です。

当院では検査で発見されたポリープはその場で切除が可能で、検査当日に帰宅することができます。
稀に、大きなサイズのポリープが発見されますがその場合は連携先の病院で切除手術を受けていただきます。

Q7着替えは持っていく必要がありますか?
万が一のために下着や靴下などご用意ください。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)では、紙製の専用下着にお着換えしていただき検査を始めます。万が一、汚れてしまったときのために下着や靴下などご用意いただくと安心です。

Q8検査後に車を運転して帰宅できますか?
鎮静剤を使用いた検査ではお車やバイク、自転車など運転できません。

ご自身でお車やバイクなどを運転してご帰宅の方は鎮静剤を使用できません。苦痛を抑えるために鎮静剤を使用した検査を推奨しており、使用した場合は運転ができません。公共交通機関またはご家族の送迎でお越しください。

Q9大腸内視鏡検査を受けるときの注意点はありますか?
お薬を服用している方、普段から便秘や下痢になりやすい方は事前にご相談ください。

持病などでお薬を服用している方は事前にご相談ください。また、普段から便秘や下痢になりやすい方も数日前から食事内容や水分摂取について説明させていただき、便通改善させる対応を行う場合がございますので、事前にご相談ください。

Q10検査前の食事はどのようなものが良いですか?
検査の数日前から消化に良いものを摂ってください。

もともと便秘傾向の方は検査の数日前から消化に良いものを食べるようにして下さい。
検査前日は基本的には検査食を食べていただいております。

Q11検査当日の朝は水分を飲めますか?
当日は下剤の量を考えて、水やお茶をお飲みください。

当日の朝は下剤をたくさん飲んでいただきます。朝に大量に水分を摂ると下剤を飲むことがつらくなることがございますのでご注意ください。下剤は自宅で摂取も可能で、ご希望の方は院内で摂取も可能です。

Q12検査後はいつから普通の食事が可能ですか?
検査のみの方は通常のお食事が可能です。

検査だけの方は検査終了1時間後からは通常のお食事が可能です。ただし、ポリープ切除をした方は、数日間消化の良いものを摂っていただき、アルコールは1週間お控えてください。

Q13検査した当日に入浴はできますか?
検査のみの方は通常の入浴が可能です。

検査のみの方は、普段通りに入浴して問題ありません。ただし、ポリープ切除をした方は約1週間はシャワー入浴をしてください。それ以降は通常の入浴が可能です。

Q14検査後にすぐ帰宅することができますか?
検査後に結果をご説明させていただきます。

検査終了後に検査結果の説明をさせていただいております。検査後すぐにご帰宅される方は後日ご来院いただいて検査結果の説明も可能です。ただし、治療が必要な場合は検査後にお薬を処方する場合がございます。組織採取やポリープ切除した方は後日ご来院いただく場合がございます。 鎮静剤を使用した検査の場合は約1時間ベッドでお休みいただいて、鎮静剤の効果が切れてから検査結果の説明となります。

Q15検査費用はどのくらいの金額ですか?
負担の割合は患者さまの状態で金額が異なります。

こちらをご参照ください。

ご質問やご相談はこちら

052-684-4805

ご予約はこちらから

24時間WEB予約

院長 伊藤 智恵子院長 伊藤 智恵子

さくらメディカルクリニック
院長 伊藤 智恵子

院長ごあいさつ

安心して受診していただくため、患者さまの気持ちに寄り添い、プライバシーに配慮した診察をこころがけています。
これまで消化器外科医として胃がんや大腸がんの手術や治療、内視鏡検査に多く携わってきました。勤務医時代には早期がん発見で治療し患者さまに貢献できた一方、「自覚症状はあったが病気だとわかるのが怖かった」「男性医師にお尻を見られることに抵抗があった」などの理由で発見が遅れて病状が進行してから治療に来られる方もいらっしゃいました。早期に発見していれば治すことができたと残念に思うこともしありました。大切なことはひどくなる前に受診いただくことです。
私は幼少期から大人になるまで便秘で悩んできましたが、30歳頃からは症状がなくなりました。また、妊娠・出産の時期には血栓性外痔核になり手術を受けましたが担当医が男性だったので女性医師だったら恥ずかしくなかったのにと思った経験があります。
自身が病気を克服した経験や体験から同じように便秘や痔で悩んでいる人のお役に立てればと思い取り組んでいます。
まずは、気軽に当院へご相談ください。

院長略歴

  • 秋田大学医学部 卒業
  • 名古屋掖済会病院で研修
  • 名古屋掖済会病院 形成外科
  • 遠山病院 外科
  • 海津医師会病院 外科
  • 塩川病院 非常勤勤務

院長資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 消化器内視鏡学会専門医
  • 大腸肛門病学会専門医

医院紹介

  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
  • さくらメディカルクリニック
TOPへ戻る
  • TEL:052-684-4805
  • WEB予約
  • WEB問診
  • TOPへ戻る